AKIKAN オフィシャルブログ

京都・四条烏丸が最寄りのイベントスペース AKIKANの情報を発信します!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《朝活》朝笑「朝からユニット美人」開催決定

11月12日7:00~より、巷で人気の朝活イベントを小脇(AKIKAN)でも開始します。
その立ち上げとして、朝笑-あさわらい―と銘打ち、「朝からユニット美人」を開催します。

その名の通り、朝からユニット美人のコントを見て、ひと笑い。
そのあとみんなで発声をして、一日を元気に!
という内容です。

上演されるのは、ユニット美人の幻のコント。
楽しみです。
詳しくはコチラ
定員に達したそうで現在受付終了しております。ご了承ください。(2014/11/11)

AKIKAN/小脇では様々なイベントや企画を行っていきます。
ぜひこのAKIKANblogやTwitter(@AKIKAN_Oficial)の他にも、小脇blogフリンジシアタープロジェクト公式blogもチェックしてみてくださいね!

コワーキングスペース小脇、KAIKA(2F)共々よろしくお願いします!

スポンサーサイト

ギャラリー常設展「舞台の宣伝美術展」開始しました!

ごぶさたしております。AKIKANです。

さて、いきなりですが、AKIKANの壁面はギャラリーとしてご利用いただけることをご存じでしたか?
そのAKIKANの壁面で、このたびギャラリー常設展を開始いたしました。


「舞台の宣伝美術展」

hekigaj1.jpg



演劇やダンスをはじめ、多岐に渡る舞台公演から、宣伝美術のデザイナーさんをピックアップ。
ご協力を賜り、フライヤーやポスター作品を展示しております。

開始にあたって、竹内幸生さん・ほっかいゆrゐこさん・清水俊洋さんにご登場いただきました。
お三方の幅広いお仕事の一部や、宣伝美術の奥深さの一端が伺える展示となっております。

平日10:00〜18:00でオープンしております。入場は無料です。
ぜひご来場くださいませ。

***

AKIKANでは、壁面ギャラリーのご利用を随時お待ちしております。
AKIKANでの作品展示にご興味がおありの方は、メールフォーム、もしくはお電話(075-276-6073)でお問い合わせください。

小脇エクストラ+イベ研の研究会#2 『 メディアと文化の研究会 ― 街並みの魅力を伝えるメデ​ィアを考える 』

今日はコワーキングを土・日でもオープンする小脇エクストラデイ!
そしてイベ研の研究会#2『 メディアと文化の研究会 ― 街並みの魅力を伝えるメディアを考える 』でした

単なる風景だけでなく、そこに息吹く文化をメディア発信することのワクワク感が溢れていました
会場はイベント参加者の方,勉強している学生さん、クリエイティヴワークのコワーカーさんが居心地よく過ごされていて面白かったです

イベ研の研究会#2

この研究会のお題は「街並みとその魅力の発信」です。

小脇は京都の「祇園祭」を継承する鉾町の中にあります。地域と文化の発展のため、伝統の街並みを発信していくメ​ディア発信者を、応援したいと考えています。

マスコミやウェブ等から得られる情報の他に、その土地に昔からいる人、年配の人から話を聞いて受け継がれている​情報は少なくありません。むしろ、そのようなお話の中にこそ、街の魅力の核があるのではないでしょうか。

そうした情報や実際に訪れてみた体験を元に「街並の文化」を、メディアを使って発信することを深く考えてみます。それを考えることは、即ち「街とメディア」「人と文化」の関係を考えさせられる事なのかもしれません。

「街と文化を自分のメディアで発信していきたい人」に、とても刺激的なフリートーク型の研究会になるでしょう。

もちろん発信メディアは様々。文字や写真,ツイッターやブログ,フリーペーパーや電子書籍。マスメディアもその発信力は未だ偉大です。アートや対話こそが文化の魅力を​発信出来るという声もあるでしょう。ぜひ、あなたも研究会に参加して、街の魅力とメディアを考えましょう。

また今回は、開催中のアート&デザインの地域フェスティバル「ツムテンカク」と連携。同フェスは「通天閣」で有名な大阪の新世界一帯で開催されています。

新世界の街並の中で実施される「ツムテンカク」を具体的な事例として、メディア発信するために何ができるのかというケース・スタディも行います。

ツムテンカク
http://tsumutenkaku.com/

イベ研の研究会シリーズがはじまりました

イベ研の研究会 #1『ソーシャルだけでイベントをマジで立ち上げる研究会』が行われました
そうは言っても、イベ研メンバーもここで初めて顔を合わせた人が多かったようです(イベ研の人8人、そうでない人4人の参加でした)


今回は最近、テレビ番組でもトレンドとして取り上げられる機会が増えてきた「クラウドファンディング」をテーマに第1回の研究会が開催されました

SPA!さんの記事ですが、クラウドファンディングをイメージし易いかもしれません
http://nikkan-spa.jp/209869

復興プロジェクト等を中心に、その言葉を聞く機会もふえているのではないでしょうか?
今回はクラウドファンディングの中でも、クリエイティブなプロジェクトが多数サクセスしている「CAMP FIRE」を研究題材にしました

13:00~ 自己紹介(つぶやき円環?的な自己紹介)
13:15~ クラウドファンディングって何だ?(ガイダンス)
13:25~ 3チームになった状態で、CAMP FIREを閲覧
14:00~ ワールドカフェで検証(最終的に4ローテーション)

クラウドファンディング研究会3

15:00~ 発表(3チームが発表。CAMPFIREのシステム&どのようなプロジェクトがサクセスしているかの2点について)

クラウドファンディング研究会1

15:30~ 企画発案(3チームがそれぞれアイデア出し)
17:00~ 擬似クラウドファンディング=プロジェクトの発表と投票(自分の財布感で、そのプロジェクトにいくらお金を出すか。なぜ、出したいと思ったか)

クラウドファンディング研究会2

17:50~ 企画立案したチームに戻って最後の振り返り
18:00 終了(この後、鉄板鍋づくしに有志で飲みに行きました)

支持を集められるか否かの大きな分岐点は、「特典」内容で個人とプロジェクトがどうつながるのかという点にあるのでは?という仮説が聞かれました

取り組むプロジェクトの面白さもさることながら、ソーシャル時代の機運をとらえたものであるかが、重要なのかもしれません


最終的に3案がプレゼンテーションされたのですが、うち1案は…非常にソーシャルメディア的であり、個の顔も公共性も感じる内容でした
…っていうか、めっちゃ面白い!!!!!

もしかすると、本当に企画発動するかもしれません

NPOと日本財団のワークショップを終えて

「NPOと日本財団が共に成長していくことのできる新たな関係を目指して」と題したワークショップでしたが、非常に複数的な成果のあった場であったと思います

日本財団ロゴ

Torindoさん、テラ・ルネッサンスさん、起業支援ネットさんのゲストスピークも、非常に刺激的でした
参加者どうしが互いに興味を持てる雰囲気作りも、とても有意義なものでした
home's viの嘉村さんの場づくりの腕に関心・勉強させられるばかりでした

日本財団wd3


施設紹介

AKIKAN staff

Author:AKIKAN staff
AKIKAN_Officialをフォローしましょう


【所在地】
京都市下京区岩戸山町440
江村ビル3階
(地下鉄四条駅・阪急烏丸駅から南西に徒歩8分、1階がファミリーマートのビル)



大きな地図で見る

◆イベント利用プラン
[平日] 19:00~22:00 15,750円
[土・日・祝] 10:00~22:00 44,100円

◆壁面ギャラリー利用プラン
現在無料キャンペーン実施中!

お問い合わせ・利用のお申込みは、下段のメールフォームをご利用いただくか、075-276-6073までご連絡ください。

利用を希望される方は、こちらの申込み用紙に記入してAKIKANにお送りください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやき
 
携帯版ブログQRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。