AKIKAN オフィシャルブログ

京都・四条烏丸が最寄りのイベントスペース AKIKANの情報を発信します!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、作家の空さんがおこしです

本日は作家の空さんがお越しになりました

IMG_3089.jpg

先日のライブペインティングで描いた作品のタイトルは「ふたつぼし」に決まりました

作家来訪(空)

スポンサーサイト

1階のエントランスを塗りました!

岩戸山町は時折雪がちらつく天候でした。もう3月になりますが、まだまだ寒いですね
今日AKIKANでは子供の防犯に関するワークショップについて、ミーティングが行われていました
各方面から集まったスペシャリストの先生方のオーラは違いますね

そんな中、KAIKAの大橋さんと中谷さんがエントランスのペンキ塗り作業をしていました
レトロな雰囲気のあるエントランス・階段なのですが、初めて訪れる人の中には重厚な印象をお持ちになる方もみえました

階段

この雰囲気も素敵なのですが、エントランスを明るく入りやすくしようと考えたわけですね
KAIKAさん共々、コミュニティスペースとしてより親しみを持っていただければ幸いです

来場のみなさまの声を受けて、更に階段の手すりを塗ろうという計画もあります。ぜひスタッフにお声をお寄せください

ペンキ塗り
ペンキを塗っている大橋さん

京都市美術館行ってきました

先週の土曜日に、京都市美術館へ母校である、とある芸大の卒展を拝見しに行ってきました。
卒展ということもあって、作品はとても素晴らしく輝いていました。

歴史ある美術館での展示ということもあって、緊張感のあるいい展覧会だったと思います。

やっぱり、4年間という時間は人間を大きく変えることができるのだなと改めて感じました。

時間だけでなく、何を学び取り、自分の力に変えていくか、
ということを出来れば、入学時もしくは受験時に教え諭すことが出来れば、
日本の大学生ももっとレベルが上がり、社会にでたときには、
立派な社会人になれるのになあ。なんてことを思いました。

個人的に気になったコトですが、カリキュラムとしてマンガ分野を取り上げるのは難しいと思います。
マンガという表現方法を使って、自分を表現したり、考える事は良いことです。
マンガといっても、広い視野で取り組めば可能性は広いのですが、

発表されていたのは、商業的なコミックでした。パッと見ですが、デッサン力がない作画
や内容も趣味レベルでした、自分が思ったのは、大学で学ぶ時間があったら、
社会に出てアシスタントや持ち込みを経験するほうが、何万倍も自分のためになるとおもいます。
作家を目指すならばなおのこと。腕一本で生計を立てる漫画家という職業は甘くない。
きついという現実から逃げている、自分を正当化しているだけに見えます。

自分の人生の選択は自分にしかできないんだから。

そんなコトを感じたスタッフFでした。

テーマ : 京都からこんにちは!    ジャンル : 地域情報

昨日は母校で

これからは、スタッフFの日記的なものも付けていこうと思います。

昨日は、母校のとある芸術大学へ行ってまいりました。
今月2日から卒業・進級制作展が催されているためです。
昨日は、大学構内で行われている、進級展の方を観に行ってきました。

大学部は3回生まで、短期大学部は1回生の作品(課題作品?)が展示されており、
「この芸術大学はこういう勉強が出来る大学です。」ということが見て取れる
大事な機会であると卒業した私はそう捉えていました。

すべての学生が成長し、自分の作品を見つけ、創りだすのは難しいと思います。
進級展の作品は、1年間の成長を評価してもらう「課題」という制約のなかでもがき吐き出す物です。
さらに、一般に公に大学を開放し展覧会として発表しますが、
そういった、意識が学生、大学職員を見て、少し低いと感じてしまいました。

意識が低いと感じた点は幾つかあります。
・先生方、学生がいない(少ない)
・作品が小さい。迫力がない(課題だからしょうがないのかもしれませんが)
・当番の学生がおしゃべりしていたり、下を向いてあいさつする。
・デザイン系の作品が高校生レベル。プレゼン内容も稚拙、誤字脱字も目立つ

特に、京都の芸術大学はこれから、順に同じようなことを行っていく中で、
嵯峨芸大はトップバッター的な位置づけであると思います。
そういった心構えというか、意識が低いのは残念でしかたありません。

明日、京都市美術館での卒展のほうにも伺います。
期待半分、不安半分です。

正直、自分が受験生だったら、この学校で学びたいと感じることはできないでしょう。
また、企業目線で見たとき、この学校の卒業生を雇わ無いでしょう。
閉じた教育では今の社会では生き残れない。
大学は、何が大事なのか考えなおしていただきたい。

キレイで清潔な校舎?教授・講師の質?そんなモノは一切必要ない。

「将来を夢みるヤル気のある学生」です。
そういった学生のモチベーションを失わせない環境や教育が必要なんです!!

と、なんか熱くなってしまいすいません。

オモシロイコトをやろうとしている学生はたくさんいます。
その芽を摘み取らないでほしい。ヤル気をなくさせないでほしい。
不安や、心配を大人が大人の責任で、汲みとってあげてください。
お願いします。

AKIKANでは各種イベント企画を募集しています!
各種レセプション、プレゼン会議、講座やワークショップ、展示会など、
会場をお探しでしたら、メールフォームからお問合せください!

テーマ : 京都からこんにちは!    ジャンル : 地域情報


施設紹介

AKIKAN staff

Author:AKIKAN staff
AKIKAN_Officialをフォローしましょう


【所在地】
京都市下京区岩戸山町440
江村ビル3階
(地下鉄四条駅・阪急烏丸駅から南西に徒歩8分、1階がファミリーマートのビル)



大きな地図で見る

◆イベント利用プラン
[平日] 19:00~22:00 15,750円
[土・日・祝] 10:00~22:00 44,100円

◆壁面ギャラリー利用プラン
現在無料キャンペーン実施中!

お問い合わせ・利用のお申込みは、下段のメールフォームをご利用いただくか、075-276-6073までご連絡ください。

利用を希望される方は、こちらの申込み用紙に記入してAKIKANにお送りください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやき
 
携帯版ブログQRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。